最新ブログ

4年JSL 準決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年JSL大会準決勝

vsミズモ

result:1-1 PK(2-3) 負け (得点:つかさ)

 

3位決定戦

vsジェファFC

result:0-5 負け

 

先週土曜日、冷たい雨が降る中、4年生にとっては初の大舞台となるJSL準決勝に臨みました。

結果はPK負け。その後の3位決定戦も準決勝の結果を引きずり、いいところなく敗戦。

辛い経験になってしまいましたが、今までにない緊張感の中での試合を通して、いろいろな面が見えた1日となりました。

 

準決勝 vsミズモ

両チームともに硬さが目立った立ち上がりから、序盤はミズモペース。前線からの速いプレッシャーで目的のない、あるいは精度の落ちた縦パスをひろってソルシエロゴールをおびやかします。早い時間帯で失点するととても苦しい展開になっていたところですが、ペナルティエリア内の最後のところではやらせないような守備ができていました。最近の練習では3人での守り方(ボールホルダーにプレッシャーにいく選手、その選手のカバーをするポジションへのスライド、さらに大外の選手も中へスライド)を取り込んでいて、特にゆうき、りき、たっぺいの最終ライン3人は体を張ってゴールを守っていました。右サイドハーフのゆうとも危険なところを埋めていてくれたしね。

そして後ろに控えるはじっつーということで、最初のハラハラした10分を乗り切ると次第にソルシエロペースに。特に中盤のつかさが1v1、時には1v2を制してセカンドボールを拾いはじめたので相手を徐々に相手自陣に張り付けることに成功。りき得意のインターセプトも目立ち攻勢に転じます。すると、ロングボールが跳ね返ったこぼれ球をつかさが得意のミドルシュート。困った時のつかさのロングシュートが決まり、ソルシエロ先制!前半はそのまま1-0で終了。

後半は一進一退の攻防が続きながらもミズモのチャンスシーンが増えました。それでも相手がPKを外してくれたり今日はこっちにツキがあるか、と思わせる場面もありましたが残り3分のところでコーナーキックから失点。試合はそのままPK戦へ。PKの結果は上記の通りです。

 

やっぱり浮彫になってしまった心の弱さ

この日は心の強さを試される場面が何度もありました。1試合目前半、どんなファーストプレーをみせられるか。PK戦。その後の3位決定戦。準決勝ではみんなの成長もしっかり見えたし、その分心の弱さもくっきりと見えた。いつもならボールをしっかり止めて、判断が伴ったプレーができていたところを、ボールを失うことを恐れて闇雲にダイレクトで蹴ってしまったり。自分の得意なプレーを選ばずに消極的な選択をしてしまったり。

練習ではできていたのに。練習試合ではできていたのに。やっぱりそれは練習のための練習になっていてしまった結果だと反省しています。

しかし、この経験ができたことは今後彼らが成長していく上でとても大きなものになると思うし、一人ひとりの意識が少しずつでも変わっていけばいいなと思います。

 

とにかく、よく4回勝ってこの舞台まで来たなとほめたいところです。それがなければこの経験もできなかったですし。願わくばベスト4には常連となって次のステージを目指したいですね。

 

悪天候のなか、父兄の皆様、応援、ボール拾い、本当にありがとうございました。

次回はB&Gでまたあのグラウンドで応援してもらえるよう頑張ります。

 

 

三瓶

 

 

関連記事