最新ブログ

最近フォーカスしている事(新5年・6年)3月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新5年と新6年で最近フォーカスしている点」

~ボールを奪った後の広がり~

ボールを奪った後広がりが少なく、相手のプレスをすぐに受けてしまい攻撃の芽をすぐつぶされてしまうことが多くありました。

そこで、体格に恵まれない当チームは、ボールを奪った後、「素早く横の幅と縦の深さを作り出し相手の人数が少ないエリアから攻撃すること」を今フォーカスしています。

そうすることにより、相手も広がりスペースを作り出すことができ、そこを利用することも可能になる。

そのためには、

①ボールを持っていない人の広がりを作る動き出しを早くする

②ボール保持者に情報を与える(コミュニケーション)

③ターンの判断・技術

④パスの質(長い距離の正確なキック)

などです。広がり

しばらく、全員の意思統一が図れるまで続けたいと思います。

監督 木村正人

関連記事